動画視聴連動機能を利用することにより、
実装が可能です。

 

■動画視聴連動について
https://help.utage-system.com/archives/3325#:~:text=%E3%83%BB-,%E5%8B%95%E7%94%BB%E9%80%A3%E5%8B%95%E6%A9%9F%E8%83%BD,-%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%AE%E8%A6%96%E8%81%B4

 

実装手順

Step1

動画をアップロードします。

※Vimeoに既にアップロード済の動画がある場合はStep2へ進みます。

UTAGE管理画面右上の名前を押下し、
動画管理から新規アップロードを行います。

アップロードが完了したら埋め込み用URLをコピーします。

Step2

ファネルステップ編集画面にて動画を追加し、
動画タイプ「UTAGE」もしくは「vimeo」を選択します。
※youtubeでは適応できません。

動画URLにStep1で取得したURLをペーストします。

 

Step3

ファネルステップ編集画面にて
動画を選択し、左サブメニューから
動画連動「視聴した箇所まで動画を連動:〇分〇秒」を指定します。

最後まで見たら表示させたい場合は、
動画の最終時間をStep1にて確認しておき、指定します。

 

Step4

動画視聴後に表示したい要素を追加します。

ファネルステップ編集画面にて
今回は分かりやすいように
緑の+マークから行を追加します。

 

今回は分かりやすく
行の左メニュー下部「高度な設定」にて
「管理名称」を付けておきます。

 

Step5

追加した行の中に、
動画視聴後に表示したい要素(テキストや登録フォーム)を追加していきます。

 

Step6

動画を選択し、左メニューの
動画連動の「表示する項目」のプルダウンから、
Step4で作成した行にチェックをつけます。

 

保存をし、プレビューにてご確認ください。

上記の操作により、
動画を〇分以上視聴した場合のみ
LPの残りのテキスト画像を表示させる
設定が完了となります。

Comments are closed.