Content

LINEリッチメニューの設定とは?


連携したLINE公式アカウントにリッチメニューを設置する方法となります。
レイアウトはカスタムすることもできます。
※LINEリッチーメニューについてはコチラをご参考ください。

[設定内容]

[イメージ]

 

 

利用が必要なケース・利用しなくて良いケース


・利用が必要なケース
連携したLINE公式アカウントにリッチメニューを設置したい場合には必要です。

 

・利用しなくて良いケース
リッチメニューを設置しない、LINE連携を利用していない場合には必要ございません。

 

 

設定方法


1.上メニュー【メール・LINE配信】>アカウントを選択しましたら、左メニュー【LINEリッチメニュー】をクリックします。

 

2.リッチメニュー一覧の追加をクリックします。

 

3.管理名称やレイアウトの設定を行なっていきます。

・管理名称:「リッチメニュー一覧」に表示される際の管理名称を入力します。

・画像ファイル:リッチメニューを表示する際の画像(背景)を選択します。指定サイズの画像をアップするようにしてください。
※画像作成のテンプレートは、LINE公式アカウント管理画面にログイン>トークルーム管理>リッチメニュー>作成画面の「コンテンツ設定」にある【デザインガイド】をクリックしますとテンプレートをダウンロードがございますので、こちらをご利用くださいませ。

・メニュー開閉ボタンのテキスト:メニュー開閉を行うボタンのテキストを入力します。

・デフォルトメニューに指定:デフォルトメニューに「する」「しない」をお選びください。
デフォルトメニューとして指定すると友だち追加した際に必ず指定したリッチメニューを表示させることができます
※デフォルトメニューは必ず1つあるようにしてください。
既にデフォルトメニューがある中で「する」にしたメニューを追加作成すると、追加作成した方がデフォルトメニューとなります。

・初期表示状態:「メニューを表示する」「メニューを表示しない」よりお選びください。
「メニューを表示する」:トーク画面を開いた際にメニューが開かれた状態にする
「メニューを表示しない」:トーク画面を開いた際にメニューが閉じられた状態にする

・レイアウト:ご利用になりたいレイアウトをお選びください。

 

4.メニュー動作の設定を行い保存をクリックします。

・動作:「URLを開く」「ユーザーメッセージを送信」「アクションを実行」「リッチメニューを切り替え」よりお選びいただけます。
設定するエリア数は選択したレイアウトにより異なり、レイアウトの1の部分が「エリア1」、レイアウトの2の部分が「エリア2」のようになっております。

※「カスタムレイアウト」を選択した場合
エリア追加】【エリア削除にてメニュー数のカスタムができ、エリア範囲の調整も可能となっております。

 

5.メッセージが表示されましたら設定完了となります。

 

 

リッチメニュー適用方法


1.アクションで「LINEリッチメニューを変更」を作成します。

 

2.メッセージ送信時などに手順1のアクションを設定します。

 

3.アクションが適用され、LINE公式アカウントを開いた際にリッチメニューが表示されるようになります。

 

 

サンプル


[リッチメニュー一覧]

[リッチメニュー1の設定内容]

[リッチメニュー2の設定内容]

[リッチメニュー1の「URLを開く」エリアをタップした場合]

[リッチメニュー1の「ユーザーメッセージを送信」エリアをタップした場合]

[リッチメニュー1の「アクションを実行」エリアをタップした場合]

[リッチメニュー1の「リッチメニューを切り替え」エリアをタップした場合]

[リッチメニュー2をタップ場合]

Comments are closed.