Googleスプレッドシート連携機能とは?

UTAGE経由の商品販売データやオプトイン登録時の各種登録データを
アクション設定機能を利用して、Zapier等のデータ連携サービスを介さず
Googleスプレッドシートと直接データ連携できる機能です。
(2024年6月11日の機能アップデートより利用可能)

また、UTAGEでは 既存のGoogleスプレッドシートの列データに対して、
割り当てたい置き換え文字を好きな順番で自由に列配置することもできますので
ファネル機能を利用した商品販売データ分析等でご活用いただけます。

 

利用が必要なケース・利用しなくて良いケース

・利用が必要なケース
ファネル機能経由で商品販売時やオプトイン時などのタイミングでGoogleスプレッドシート連携させたい場合は必要です。

・利用しなくて良いケース
Googleスプレッドシート連携を行わない場合には利用の必要はございません。

 

主な想定利用ケース

・オプトインLP登録時の各種データ連携
(登録フォーム要素/自動ウェビナー登録フォーム要素→登録後のアクション)

・商品決済完了時の各種データ連携
(ファネル > 商品管理 > 購入後のアクション)

・継続課金解除時の各種データ連携
(ファネル > 商品管理 > 継続課金解除時の動作設定 > 実行するアクション)

 

利用可能な置き換え文字

▼共通項目
・お名前:%name%
・メールアドレス:%mail%
・姓:%sei%
・名:%mei%
・フリガナ:%kana%
・電話番号:%phone%
・郵便番号:%zipcode%
・都道府県:%pref%
・市区町村:%city%
・番地:%address%
・建物名:%building%
・登録元ページURL:%referer%
・ファネル登録経路:%funnel_tracking_name%
・ファネルID:%funnel_id%
・ファネルステップID:%funnel_step_id%
・ファネルページID:%funnel_page_id%
・アクション実行日時:%now%

■決済連携項目
(商品管理の「購入後のアクション」でのみ利用可能)

・課金ID:%purchase_id%
・継続課金ID:%subscription_id%
・課金ID(決済代行会社):%payment_id%
・商品ID:%product_id%
・商品詳細ID:%product_detail_id%
・商品名:%product_name%
・商品詳細名:%product_detail_name%
・支払方法:%payment_method%
・支払回数:%payment_type%
・支払回数・分割回数:%division%
・金額:%amount%

※メール・LINE配信機能の「%free1%」のフリー項目の
置き換え文字はファネル機能ではご利用頂けません。

その場合は、【メール・LINE配信機能】Googleスプレッドシート連携機能にてご利用ください。

 

 

ご利用方法

Step1:Googleスプレッドシートの準備

UTAGEからのデータ連携先のGoogleスプレッドシートを作成してください。

スプレッドシート作成後は、1行目の見出し行に任意の項目名を割り当ててください。

 

Step2:ファネルアクションの新規作成

ファネル > アクション設定 > 【アクション追加】ボタン押下

「種類:Googleスプレッドシートへ追記」を選択します。

 

Step3:Googleアカウント連携

「Googleアカウント」欄で「新規にGoogleアカウントを連携」が選択されていることを確認し、
【Googleスプレッドシートと連携】ボタン押下します。

ポップアップ表示後、Googleアカウントにてログインします。
(下記ポップアップ画面が表示されない場合は、ブラウザアプリの
ポップアップブロッカーを一時的にオフにしてください)

「UTAGEがGoogleアカウントへのアクセスを求めています」画面になりましたら、
「Googleスプレッドシートのすべてのスプレッドシートの参照、編集、作成、削除」に
チェックを入れてください。

接続設定が完了すると、下記のようにGoogleアカウントが表示されます。

 

Step4:「スプレッドシートURL」の入力

連携先のGoogleスプレッドシートを開き、ブラウザ表示のURLをコピーします。


コピーしたURLをUTAGE側の「スプレッドシートURL」欄に貼り付けます。

 

Step5:「シート」選択

「シート」欄のプルダウンをクリックして、連携先のシート名を選択してください。

※もし、「シート」欄が空欄になる場合は、Googleアカウント連携解除後、
再度、Step3より手順を進めてください。

 

Step6:値への置き換え文字等の割り当て

該当する列データに対する置き換え文字を右側の選択肢からコピーして
「値」欄へ適宜貼り付けをしてください。

 

Step7:任意のファネル機能画面でアクション指定する

例1)オプトイン登録時にアクション実行する場合
ファネル > ファネル名選択 > ファネルページ編集画面

・【登録フォーム】要素
・【自動ウェビナー/登録フォーム】要素

で、「登録後のアクション」に作成したアクションを割り当てる

 

例2)商品購入時にアクション実行する場合
ファネル > 商品管理 > 管理名称選択 > 名称選択

「購入後のアクション」に作成したアクションを割り当てる

 

例3)継続課金解除時にアクション実行する場合
ファネル > 商品管理 > 管理名称選択 > 名称選択 > 継続課金解除時の動作設定

「実行するアクション」に作成したアクションを割り当てる

 

Googleスプレッドシートデータ連携イメージ

Comments are closed.